富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

富山県試験焼却日程ニュース(チューリップテレビより転載)

震災がれき 来月15日から17日に試験焼却
(2012年11月30日 19時05分)
http://http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121130190639

 震災がれきの広域処理問題で富山地区広域圏と高岡市は、来月15日から17日にかけて岩手県山田町の震災がれきを試験焼却すると発表しました。

 これは、県と富山地区広域圏、高岡市がそれぞれ発表したもので、試験焼却されるがれきの量はあわせて32トンになります。

 富山地区広域圏での試験焼却は来月16日午前10時から翌日17日の午後4時までのおよそ30時間かけて実施されます。

 富山地区広域圏が試験焼却のために受け入れるがれきの量はおよそ25トンで、これは、焼却施設で1日に処理している量の5パーセント程度に相当するということです。

 実施する際は、搬入から処理まで一連の過程でがれきの空間線量や放射能濃度を測定。

 富山地区広域圏では実施する前と後に焼却施設周辺の小学校や公民館など12か所で土壌の放射能濃度の測定を1度行い結果はホームページなどで公開するとしています。

 また、試験焼却で発生した焼却灰は、放射性廃棄物として扱う必要のない『クリアランスレベル』、放射能濃度1キロあたり100ベクレル以下とする基準であることを確認した上で富山市山本地区にある最終処分場に搬出されます。

 富山地区広域圏では、この試験焼却の結果を踏まえ年明けにも富山市民を対象にした住民説明会を開き、本格的な受け入れを検討したいとしています。

 また、高岡市での試験焼却は来月15日でおよそ7トンの震災がれきが試験焼却される予定です。

 震災がれきの搬入については、岩手県から富山県までJR貨物で運びトラックに積み替えて立山町末三賀と高岡市長慶寺にある焼却施設に運ばれる予定ですが、日程については調整中だということです。


新川広域圏 来月5日に最終判断
(2012年11月30日 19時03分)
http://http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121130190525
新川広域圏は、住民の理解を得られていないとして試験焼却の実施決定に至っていませんが、事務組合理事長の澤崎魚津市長は30日、来月5日に試験焼却の実施を決定したいとの意向を明らかにしました。

 「我々新川広域圏でも、出来れば県内3つの施設が同時に、県民の理解をいただきながら、試験焼却を同時期に出来ればというようなことを思っているので」(澤崎魚津市長)

 沢崎市長は、30日の定例会見でこのように述べ、改めて、年内に震災がれきの試験焼却を実施したいとの意向を示しました。

 魚津市から東の4市町で構成する新川広域圏では、震災がれきの試験焼却実施に向けて住民説明会を開くなどしてきましたが、焼却施設のある朝日町三枚橋地区の住民が受け入れに反対の意向を示しているため、未だ決定には至っていません。

 「11月末までには最終態度を決めて県内の他との足並みをあわせていこうと申し合わせしておりますので、そういった意味では大変残念なわけですが、それでも地元の人たちにわかったという了解を得ながらやるのが筋だという思いでやっているわけでありまして」(澤崎魚津市長)

 朝日町の脇町長は、再度、三枚橋地区の住民に説明して理解を得たい考えで、新川広域圏では、それを受けて、理事会が開催される来月5日に、試験焼却実施の最終決定を行いたいとしています。
スポンサーサイト

Category: 震災復興プロジェクト

Comment (0)  Trackback (0)

震災復興プロジェクトが富山でも立ち上がりました。

がれきは拡散するのではなく、現地で山積みにしようと呼びかけておられる
仙台赤十字病院医師・東北大学臨床教授・岡山博先生のブログの読者で結成された
「震災復興プロジェクト」が富山でも発足されました。
主な今後の活動についてはまだ未定のようですが、期待していきたいと思います。

現在、「震災復興プロジェクト」サイトでは署名活動をなされている
ので、そちらのリンク先、とプロジェクトの概要を転載させてもらいます。
是非、署名にご協力下さい。

以下転載

震災復興プロジェクトチーム

このプロジェクトチームは、仙台赤十字病院医師・東北大学臨床教授・岡山博先生のブログの読者で結成されました。

私たちは、岡山博先生が提案する「福島第一原発付近に土地を確保し、放射性廃棄物をすべて集めて山積み管理」と「宮城・岩手地区の震災がれきは、すべて集めて山積みし、津波記念公園として整備」に賛同し、この提案を、岡山先生のブログ内だけでなく、“署名”という形で世間に広く知らせ、その実現を目指します。

多くの署名を集めることで、それは市民の声、有権者の声として国にメッセージを届けることができます。このような草の根の運動を広げることで、私たちが社会を変えていきたいと考えています。

どうぞ、要望書の内容だけでなく、「岡山博ブログ」もご覧になり、この提案の詳細をご確認ください。

そして、提案にご賛同いただければ、真の復興への第一歩として、このプロジェクトにご協力をお願い申し上げます。

全国の皆さんへ <仙台赤十字病院医師・東北大学臨床教授・岡山 博>

「瓦礫を引き受けよう」というのは被災者や被災地支援にならず、復興を阻害するかもしれません。大切な税金を浪費し、復興を阻害します。被災者が財産・仕事・生活を破壊されたままでほとんど放置されている現実から、国民の認識をそらしています。

利権や打算に結びつかない、直接、被災者個人と被災地の回復に役立つ支援が必要です。

瓦礫の引き受けは被災地支援にはなりません。東京電力に好都合の政府視点で行っている瓦礫の引き受けニュースの氾濫は、広域処分に市民の眼を向かせ、現地処分を進めない現実や被災者の就業・生活が破壊されている現実とその原因を見えなくしています。被災者の復興を阻害していると私は考えます。

自分や子どもの被曝を危険と考えて引き受け反対を主張する際は、それよりも高い被曝を受けている福島の人や、はるかに高い被曝を受けて今も原発事故拡大を防ぐための福島原発作業をしている人のことを考えましょう。その人たちの被曝を防ぐことを同時に考え、彼らの被曝を下げさせましょう。

瓦礫の引き受けに反対するときは、被災地で今も被曝している人々の支援・救援を明らかにしたうえで、受け入れに反対しましょう。利己主義の助長、社会の健全性を破壊、そして被害者を隠蔽する東電と、関連業界の利権を守るための政府路線を助け、被災者を苦しめる力にならないよう注意して、瓦礫と利権を拡散させない活動を頑張ってください。

震災復興プロジェクト

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

富山市、高岡市試験焼却の日程が決定

11月30日(金)石井知事が岩手との試験焼却に関する覚書を結んだことを
県議会で発表したと思いきや、すぐさま日程までもが発表されました。

富山市での試験焼却は、平成24年12月16日(日)から同年12月17日(月)までの2日間。

富山市での試験焼却は見学の申し込みも出来るようです。
第1回  平成24年12月16日(日) 9:30~11:30 (受付9:00~9:30) 
第2回  平成24年12月16日(日) 14:00~16:00 (受付13:30~14:00)
申し込みの詳細は以下から
http://www.toyama-kouiki.jp/saigai/post_79.html
はがき、もしくはFAXでの申し込みになる様子です。

搬入の方はまだ、情報が入ってはいません。
前日の15日は土曜日ですので、14日(金)になるかもしれません。
  

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

震災がれき試験焼却 岩手県と覚書交わす

試験焼却に向けてついに石井知事が岩手と覚書を交わしたと発表しました。

以下チューリップテレビより転載
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121130114827

震災がれきの試験焼却に向けて、石井知事は、岩手県と試験焼却の数量などを定めた覚書を交わしたことを明らかにしました。

 「災害廃棄物の試験焼却等の覚書につきましては関係者間の協議が整いまして、28日夕方に交換したところでございます」(石井知事)

 石井知事は、30日の県議会一般質問でこう述べ、28日、岩手県と震災がれきの試験焼却の覚書を交わしたことを明らかにしました。

 覚書は、震災がれきの運搬方法や試験焼却の数量について定めたもので、それによりますと富山地区広域圏でおよそ25トン、高岡市ではおよそ7トンの震災がれきを受け入れるとしています。

 また、試験焼却の流れや放射性物質の測定項目と頻度などを盛り込んだ実施基本計画を30日中にも策定するということです。

転載終わり

こんなことが許されてもいいのでしょうか。
住民の意思を無視し、暴走といっても良いこの行動に
もう、何一つ許すことはしたくありません。
立ち上がりましょう。

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

11月30日(金)本日午後二時 田尻しげる県議が 県議会において震災がれきの広域処理について質問されます。

11/30日 県議会議員田尻しげるさんが
一般質問で 震災がれきの広域処理について質問されます。
ご都合の良い方は是非、傍聴参加お願い致します。

過去に傍聴席に多数の人が集まり
報道にも載ったことがあるので
この時期ということもあります
できる限り参加していただければと思います。

○とき 11月30日(金) 午後二時より約1時間
(傍聴いただく方は、午後1時50分までにお入りください)

○ところ 富山県議会4階 本会議場

傍聴いただく方は、県庁入口の守衛さんに「県議会に傍聴にきた」と言って駐車して
ください。県庁の西側(電車通り側)が県議会議事堂です。議事堂4階の傍聴受付で、
住所、氏名を記入して傍聴席にお入りください。
ケーブルTV、インターネットで生中継されます。またケーブルTVで録画放送されます。

県議会中継先
http://www.toyama-pref.stream.jfit.co.jp/

プロフィール

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2012
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。