富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

がれき試験焼却 新川広域圏で来月中に実施へ

がれき試験焼却 新川広域圏で来月中に実施へ
(2012年12月28日 16時52分)
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121228165543

 震災がれきの広域処理について、石井知事は28日、新川広域圏での試験焼却に向けた実施基本計画を発表しました。

 新川広域圏での試験焼却は、来月中に実施される見通しです。

 石井知事は、28日付けで県の試験焼却の実施基本計画に新川広域圏を加えたことを明らかにし、実施時期についてこう述べました。

 石井知事「新川広域圏のご希望に沿った形で、年明け後、なるべく早い時期1月中には何とかなるんじゃないかと思いますが、試験焼却の日取りを決めて実施できるように」

 実施基本計画では、新川広域圏の試験焼却の量をおよそ10トンとしていて、持ち込む震災がれきの条件については、富山広域圏や高岡市と同じ、放射性セシウム濃度1キログラムあたり100ベクレルを超えない可燃物としています。

 新川広域圏は、来月初めにも詳しいスケジュールを発表するとみられます。
スポンサーサイト

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

12/25のツイートまとめ

garekisosi

【拡散希望】本日12/25午後6:15分よりチューリップテレビにて「がれき特集」がある様子です。http://t.co/Y6mPhdJ9
12-25 15:45


Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

チューリップテレビ震災がれき特集 

チューリップテレビで、この一年を総括する震災がれき特集が放送されました。
非常に、入念な取材をされておられ大変感謝いたします。

『焦点2012』震災がれき受け入れめぐる1年 
(2012年12月25日 19時10分)

 シリーズ『焦点2012』です。

 今年もチューリップテレビは県内のさまざまなニュースをお伝えしてきましたが、その中でも、特に重大なニュースの1年間を振り返ります。

 第1回の25日は、先日、住民がトラックの行く手をはばんだことでも記憶に新しい、震災がれきの受け入れをめぐる問題、最終処分場周辺に住む住民たちのこの1年です。
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121225191126&MOVE_ON=1
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121225191206&MOVE_ON=1

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

試験焼却後の富山地区広域圏、立山町で放射線量を測定

試験焼却後の富山地区広域圏、立山町で放射線量を測定 (2012年12月22日 19時24分)

「チューリップテレビより転載」
震災がれきの試験焼却を終えた富山地区広域圏の立山町で、空間放射線量の測定と放射性セシウム濃度を調べるための土壌の採取が行われました。

 作業は立山町末三賀の焼却施設から7キロの範囲内にある11か所で行われました。

 このうち利田小学校のグラウンドでも、富山地区広域圏事務組合の職員と民間業者が放射性セシウム濃度を調べるための土壌を採取しました。

 このあと大気中の放射線量を測定し、この地点では平均で毎時0.10マイクロシーベルトと、試験焼却前の測定値とほぼ同じでした。

 各地点の空間放射線量の測定結果などは来週中ごろ富山地区広域圏事務組合のホームページで公開されます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

がれき焼却灰にストロンチウム90

東日本大震災:震災がれき試験焼却 ストロンチウム、焼却灰濃度公表−−県と柏崎市 /新潟 毎日新聞 2012年12月22日 地方版

毎日新聞 2012年12月22日 地方版より転載
県と柏崎市は21日、東日本大震災で生じた岩手県大槌町のがれきを、同市が10月に試験焼却した焼却灰に含まれる放射性物質のうち、測定に長期間かかるストロンチウムなどの濃度を公表した。

 県の測定によると、「ストロンチウム90」は灰1キロあたり2・9ベクレルで、がれきを入れずに焼却したごみの灰より同0・3ベクレル高かった。「プルトニウム239」と「プルトニウム240」は合計で同0・025ベクレルで、がれきなしの灰と同じ値。「プルトニウム238」は検出されなかった。

 市は「灰の測定値は、過去の県内の土壌などの値と同等以下で問題ないと考える」。県は「安全性は評価しない」としている。【高木昭午】


新潟県検査結果はコチラ

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

ずさん環境省 がれき受け入れないのに14団体に340億円交付

ずさん環境省 がれき受け入れないのに14団体に340億円交付
スポニチより転載
 東日本大震災で発生したがれきの広域処理をめぐり、環境省が受け入れ先から除外したにもかかわらず北海道から大阪までの7道府県の市町や環境衛生組合など計14団体に、復興予算の廃棄物処理施設整備費として総額約340億円の交付を決定していたことが21日、共同通信の調べで分かった。

 同省が「検討すれば、結果として受け入れなくても交付金の返還は生じない」と異例の通達を出していたことも判明。このうち神奈川県の4団体は交付条件だった「検討」さえしていなかったことも分かり、共同通信の指摘を受けた同省は不適切と判断、神奈川県分の計約160億円の決定を取り消す方針だ。

 被災していない地域への流用が大きな問題となった復興予算のずさんさが、あらためて問われそうだ。

[ 2012年12月22日 06:00 ]

「中日新聞」
ガレキ処理せず340億

「北陸中日新聞」
ガレキ受け入れ先候補除外でも交付金



---------------------------------------------------------------------------------------------------

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

「池多の未来を守る会」(略称)へカンパを支援いただきありがとうございます。

先日12月18日に行われた、山本最終処分場でのがれき搬入トラック阻止行動
の様子を聞きつけられた方々から「池多の未来を守る会」へたくさんのカンパが
寄せられました。
カンパ支援された皆様本当にありがとうございます。
今後、未来を守る会の方々は立て看板の数を増やされる考えで
大変喜んでおられました。


当日は、朝9時ごろから焼却灰を載せた大型トラック2台と
先導する市の乗用車1台を約十時間に渡って、搬入を阻止しました。
途中、雨やあられ、雪が降り続ける、住民の倍以上の警備員や
市役所職員にスクラムを囲まれあわやトラックが通り抜けそうになる
場面も何度かあり、本当にぎりぎりの攻防が続きました。

「到着したトラック」
totakkutouchaku.jpg
日も沈んだ頃、涙を流しながら
「我が子を守りたいのです、どうか今日は帰ってください。」
「納得のいく説明会を開いてください。」
「お願いします。」
とお母さん方は深く頭を下げて市の責任者へお願いされましたが
市側も一歩も引かず「安全なものです。通してください。」
という言葉を返すのみでした。

「道交法違反の一度目の警告」
keikoku1.jpg

しかし、朝から参加しておられた社民党県議会議員田尻しげる氏が
された質問で
青森県六ヶ所村にある低レベル放射性廃棄物埋設センターでは、埋設後300年間管理することになっている。
、市では、いったい何年山本処分場を管理するつもりなのですか?」
との質問に市の責任者は
六ヶ所村には高レベルのものだけのはずです。この先の管理についてはまだ何も決まってはいません。
といった、答えでした。
それでは、安全と言えないといったこちらの質問には
「クリアランスレベル100bq/kg以下なので、大丈夫です。」
という答えでしたが、六ヶ所では100bq/kg以下もドラム缶に入れられ
低レベル放射性廃棄物埋設センターで管理されています。
泉田裕彦新潟県知事の言われるように「原子力発電所の外の方が放射能管理が緩くなる」といった
誰の目に見ても安全とは納得できない事が今富山県で行われているのです。

【日本原燃HP 低レベル放射性物質 埋設後の段階管理】

「市の責任者に対して猛烈に抗議する田尻しげる議員(ほぼ論破し市側が沈黙する場面が多かった)」
tajirisigeru.jpg


最終的には、現場での市の責任者が市側から警察へ通報するように指示を受け
駆けつけていた警官から「威力業務妨害で逮捕する」という警告が出され
警官数名の手によって住民の方々は道の両側へと押しやられました。

「威力業務妨害を警告する警察」
iryokugyoumu.jpg

「警察によってあけられた道をトラックが通る」
ametoraku.jpg



池多・山本地区では9月10日に行われた山本地区での住民説明会の後
住民の8割が反対である署名を富山市へ提出しています。
その後、山田町へ視察に行った山本住民の間では賛成が6割とあったにもかかわらず
後日行われた、役員会では賛成と反対に意見が割れ町内会代表3名は富山市へ受け入れるとは答えず
賛成、反対どちらの意見もあり「判断できない」と答えました。

【チューリップテレビがれき視察後 参加者の6割「受け入れに賛成」(2012年11月13日 20時05分)】
それを受け独断で試験焼却に踏み切った森市長
しかし、岩手県と富山県が結んだ覚書には
第2条に 廃棄物処分施設を有する市町村及び一部事務組合並びに廃棄物処理施設の周辺住民の理解 を得たうえで行われるものとする。
とあります。
【平成24年4月9日 災害廃棄物の基本的枠組みに関する覚書 PDF】

●住民8割の反対署名
●反対、賛成の意見に別れ判断できないと答えた町内会
●十時間あまりに及ぶ、住民の体を張ったトラック阻止行動
「池多の未来を守る会」は闇雲にトラックを阻止したのではなく
「納得のいく説明会を開いてもらいたい」と当然の主張を通しただけです。
結果的には、警察の「逮捕するぞ」という言葉の力で住民に道をあけさせた富山市ですが
これでは、覚書にある住民の理解を得たうえ行うとする覚書の第2条に違反する行為です。


「阻止行動の翌日に報道された富山県知事石井隆一のコメント」
石井圧倒的多数の県民安心

「理解」という言葉を辞書で引くところから議論をしなければならないのでしょうか。


















Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

12/22のツイートまとめ

garekisosi

ずさん環境省 がれき受け入れないのに14団体に340億円交付 ― スポニチ Sponichi Annex 社会 http://t.co/KWfs3Wvf
12-22 12:49


Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

12月18日山本阻止行動 報道まとめ

チューリップテレビ
震災がれき試験焼却終了 住民が灰持ち込みに抵抗
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121218114913&MOVE_ON=1

富山地区広域圏のがれき焼却灰 処分場周辺住民の搬入阻止
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121218191508

震災がれき試験焼却 焼却灰の埋め立て作業はじまる
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121219115321

震災がれき試験焼却 焼却灰の埋め立て作業はじまる:2
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121219163110

KNB NEWS
がれき試験焼却灰、搬入困難な状態続く
http://www2.knb.ne.jp/news/20121218_34903.htm

富山市議会閉会、焼却灰処理など補正予算可決
http://www2.knb.ne.jp/news/20121218_34905.htm

がれき試験焼却灰、搬入困難
http://www2.knb.ne.jp/news/20121218_34911.htm#

毎日新聞
東日本大震災:がれき試験焼却灰、住民ら一時搬入阻止 処分場前で猛抗議--富山 /富山
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121219-00000245-mailo-l16






Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

山本地区瓦礫受け入れ反対看板を追加増設

12月16日(日)試験焼却が行われる中
最終処分場のある、山本地区では反対派有志の方々によって
「がれき受け入れ反対」の意志を示す盾看板が増設されました。
CA390033.jpg
CA390031.jpg


地元で受け入れを反対しておられる「池多の未来を守る会」では
今後も看板の増設を予定しており、皆様のから応援のカンパを
呼びかけられております。
どうかよろしくお願いいたします。

以下「池多の未来を守る会」より転載

富山市の震災汚染がれき反対の皆さまへ

山本地区に立てる看板カンパのお願い

     「池多の自然環境・生活環境と池多の子どもの未来を守る親の会」

(略称:「池多の未来を守る会」)



 私たち池多・山本のほとんどの住民は、放射性物質・有害物質汚染がれきの焼却・埋め立てに反対しています。

 しかし、富山県と市は、圧倒的 署名を無視し、「がれき試験焼却を行う」と発表しました。山本と富山市とで結ばれた確認書で、搬入廃棄物は「一般廃棄物」となっており、富山地区広域圏事 務組合以外の廃棄物は含まれていません。しかし、先日の要請書提出の際、富山市はどこのゴミであろうが、「(立山町の)クリーンセンターで灰になったもの は、富山市のゴミになるので、山本に埋めるのに何の問題もない!」という解釈を示しました。

 

 こんな無茶苦茶な横暴を、私達が一度でも許したら、際限がありません。

 これを一旦受け入れてしまった ら、今後必ず低レベル放射性廃棄物を受けざるを得なくなってしまうのではないでしようか。福島原発では、作業に伴う膨大な「低レベル放射性廃棄物」(作業 員の汚染された手袋・衣類・作業ゴミ全て)が発生しています。現在六ヶ所村は満杯状態で、その受け入れを巡っては、すでに全国各地で問題になっています。 今後も、全国54の原発が次々に廃炉になることを考えると、今、がれきを受け入れたところに押し付けられるのは必至です。



 これは池多だけの問題ではありません。富山県全体の水も空気も汚染されます。池多の鍛冶川から新堀川へ、射水市から富山湾へ汚染水が流れ、富山湾の魚介類も汚染されます。富山の未来がかかっています。富山すべての人の健康と安全な環境を守りきれるか大事な局面です。

 どうか皆様、他人事ではなく、自分の為に家族の為に、反対の声を上げてください。



 「池多の未来を守る会」は頑張ります。

 私たちの意志を示すため、「頑丈な看板」を多数作りたいと思います。看板を立てる土地提供者が何人もいます。池多だけでは人口も少ないので、是非とも富山のみなさんにカンパのご協力をお願いいたします。

 ガレキ反対の声を形にしましょう。



<振込先>

 ゆうちょ銀行 記号13270 番号 10214601 中山郁子

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

12/14のツイートまとめ

garekisosi

がれき、地区の住民も不安訴える http://t.co/URo8EqpB
12-14 19:59


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

がれき、地区の住民も不安訴える

http://www2.knb.ne.jp/news/20121214_34862.htm

この報道では、

『県は、放射性セシウム濃度が1キログラムあたり100ベクレルを超えないものだけを受け入れます。
これは国の原子炉等規正法や国際原子力機関(IAEA)が「放射性物質として取り扱う必要がない」としている濃度です。つまりこの基準を下回っていれば、「普通のごみとして扱える」ということになります。』

とありますが、同時に放射能の危険性に閾値がないということも科学的に明らかになっていますし
3.11以前までは、これはドラム缶に入れて管理していたものでもあります。
また、通常扱われているゴミにも放射性物質が含まれているとありますが、そのこと事態が
すでに、大きな問題であり、そのことによってがれきが安全であるというような
主張は成り立たないと思います。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

がれき、高岡に到着

ついに、本日2012年12月14日高岡にがれきがやって来ました。
特に高岡市ではまともな説明会は一度も行われていません。
おそらく、富山市の方へも運び込まれているでしょう。
立山連峰が放射能汚染から護ったこの地が
私たち人間の手でまた汚されようとしています。
この屈辱的な日を私たちは忘れてはならないと思います。
そして、この絶望的である現実を避けることなく
見つめて行く事が必要ではないでしょうか。

KNB
http://www2.knb.ne.jp/news/20121214_34865.htm
チューリップテレビ
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121214191241&MOVE_ON=1

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

がれき、山本地区住民に市が回答中止せず

震災がれきの焼却灰が持ち込まれる予定の山本地区で
がれき持込に反対する住民「池多の未来を守る会」が、
12月3日(月)に森市長へ試験焼却を中止するよう要請したことを受けて
本日12月14日(金)市長側から「試験焼却の中止はしない」との回答が出されました。
これを受けて住民の方々は「納得できない」「搬入阻止行動も考える」と
発言し、緊張が高まっています。

KNBニュースはこちらです。
http://www2.knb.ne.jp/news/20121214_34860.htm


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

試験焼却に向けがれき搬出

本日12/11日、ついに岩手県から富山県に向けてがれきの
搬出が行われた様子です。

なお、作業はあさってもコンテナ4つへ積み込む予定のようです。
以下KNBNEWSをご覧ください。
http://www2.knb.ne.jp/news/20121211_34834.htm#

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

12/10のツイートまとめ

garekisosi

12.9 池多山本に 震災がれき受け入れ絶対反対の立て看板設置 http://t.co/iIvYZQS7
12-10 22:53


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

12.9 池多山本に 震災がれき受け入れ絶対反対の立て看板設置

image1.jpg
image5.jpg

富山市の震災汚染がれき反対の皆さまへ
山本地区に立てる看板カンパのお願い

     「池多の自然環境・生活環境と池多の子どもの未来を守る親の会」

(略称:「池多の未来を守る会」)



私たち池多・山本のほとんどの住民は、放射性物質・有害物質汚染がれきの焼却・埋め立てに反対しています。

しかし、富山県と市は、圧倒的署名を無視し、「がれき試験焼却を行う」と発表しました。
山本と富山市とで結ばれた確認書で、搬入廃棄物は「一般廃棄物」となっており、
富山地区広域圏事務組合以外の廃棄物は含まれていません。
しかし、先日の要請書提出の際、富山市はどこのゴミであろうが、
「(立山町の)クリーンセンターで灰になったものは、富山市のゴミになるので、
山本に埋めるのに何の問題もない!」という解釈を示しました。

こんな無茶苦茶な横暴を、私達が一度でも許したら、際限がありません。

これを一旦受け入れてしまったら、今後必ず低レベル放射性廃棄物を受けざるを得なくなってしまうのでは
ないでしようか。福島原発では、作業に伴う膨大な「低レベル放射性廃棄物」
(作業員の汚染された手袋・衣類・作業ゴミ全て)が発生しています。
現在六ヶ所村は満杯状態で、その受け入れを巡っては、すでに全国各地で問題になっています。
今後も、全国54の原発が次々に廃炉になることを考えると、
今、がれきを受け入れたところに押し付けられるのは必至です。



これは池多だけの問題ではありません。富山県全体の水も空気も汚染されます。
池多の鍛冶川から新堀川へ、射水市から富山湾へ汚染水が流れ、富山湾の魚介類も汚染されます。
富山の未来がかかっています。
富山すべての人の健康と安全な環境を守りきれるか大事な局面です。

どうか皆様、他人事ではなく、自分の為に家族の為に、反対の声を上げてください。



 「池多の未来を守る会」は頑張ります。

私たちの意志を示すため、「頑丈な看板」を多数作りたいと思います。
看板を立てる土地提供者が何人もいます。池多だけでは人口も少ないので、
是非とも富山のみなさんにカンパのご協力をお願いいたします。

ガレキ反対の声を形にしましょう。

<振込先>

 ゆうちょ銀行 記号13270 番号 10214601 中山郁子

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

12/09のツイートまとめ

garekisosi

「富山県震災がれき」焼却施設に14~16日到着予定 http://t.co/i1gXlu6y
12-09 09:43

静岡県の震災がれき受入れによる復興予算の無駄を計算してみました|安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ http://t.co/b2PrUvBP @ankurashimadaさんから
12-09 09:12


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

がれき受け入れ反対の看板設置

震災がれき焼却灰が持ち込まれる予定の山本処分場周辺住民による
「がれき受け入れ反対」の看板が設置されました。

現地の様子が報道されましたのでリンクを張っておきます。
http://www2.knb.ne.jp/news/20121209_34808.htm

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

焼却施設に14~16日到着予定

報道によれば、富山県に来るがれきは
岩手県からの搬出が11、13日、
富山地区広域圏事務組合と高岡市の
焼却施設には14~16日に到着する予定のようです。

また、富山県庁ホームページにて、
「災害廃棄物の試験焼却等における放射能濃度等測定結果について」
が発表されておりますので、リンク先を明記させていただきます。
http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1705/kj00011673-010-01.html

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

がれき試験焼却を前に 高岡市で放射線量など測定

以下 チューリップテレビより転載です。
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121205170347&MOVE_ON=1

がれき試験焼却を前に 高岡市で放射線量など測定
(2012年12月05日 17時03分)

 今月15日に震災がれきの試験焼却を実施する予定の高岡市は、試験焼却の前後における放射線量と放射能濃度の変化を調べるため、焼却施設と最終処分場の周辺などで事前の測定を行いました。

 試験焼却の前に実施する測定は、がれきを燃やす環境クリーン工場と焼却灰を埋め立てる不燃焼物処理場の敷地内のほか、それぞれの施設からおよそ2キロ離れた6つの地点で行われました。

 そのうち、環境クリーン工場から北東におよそ2キロの場所にある二上(ふたがみ)まなび交流館では、市の職員らが施設内の5ヵ所で、空間放射線量の測定と土壌の採取を行いました。

 二上まなび交流館の空間放射線量はおよそ0,09マイクロシーベルトで、県内における通常の放射線量と変わりはありませんでした。

 また、採取した土壌の放射能濃度については、環境分析が専門の民間企業で測定を行うということです。

 高岡市では、5日の測定の結果を今月10日までに市のホームページで公表する予定です。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

新川広域圏 試験焼却実施へ

足並みをどうしてもそろえたいようで、ついに新川広域圏でも試験焼却の実施が
決まりました。

以下チューリップテレビより転載です。
http://http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121205190623&MOVE_ON=1

 新川広域圏 試験焼却実施へ
(2012年12月05日 19時05分)

 震災がれきの広域処理をめぐって、5日、新川広域圏は、試験焼却の実施を決定し、県に報告しました。

 5日開かれた新川広域圏事務組合の理事会には、理事である魚津市と黒部市、入善町、朝日町の市長と町長が出席しました。

 そして、理事会で、4人が一致して試験焼却の実施を決め、県に文書で決定を伝えるとともに試験焼却に向けての準備を依頼したということです。

 新川広域圏のごみ焼却施設がある朝日町三枚橋地区の住民は試験焼却に反対していて、これまで脇町長が3度の住民説明会を開くなどしてきましたが、話し合いは平行線のまま終わっています。

 脇町長は、理事会で、「全ての住民の理解を得ることは難しく、町長判断で行うことに決めた」と話したということです。

 今後は、県が岩手県と試験焼却に関する委託契約を結び、実施日などを決定します。

 新川広域圏では、がれきの試験焼却の際に住民の立会いや測定された空間線量と放射能濃度の数値を公表するなどし、本格受け入れに向けて理解を得たいとしています。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

12/04のツイートまとめ

garekisosi

2012年12月3日、池多・山本地区の地元住民が富山市へ試験焼却の中止を求める要望書提出・記者会見 http://t.co/hTvOJ390
12-04 22:05


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

2012年12月3日、池多・山本地区の地元住民が富山市へ試験焼却の中止を求める要望書提出・記者会見

12月3日に富山市長へ提出した要請文です。


富山市長   森 雅志 殿

                            2012年12月3日

                      

災害廃棄物の広域処理の試験焼却中止を求める要請文

 富山市長 森 雅志殿に強く要請致します。富山市池多の自然を守り、子どもの未来を守るために、心から訴えます。

 この度の災害がれきの受け入れを検討するにあたり、最終処分場周辺住民に対しては、9月10日、山本公民館で一度だけ非公開説明会を行ったのみです。池多地区全域では行われませんでした。その後、最終処分場の汚染された水が流れる地域にも、射水市側への説明会も全く行われていません。

 10月9日、池多小学校と池多保育所の保護者が市に提出した署名は、住民237世帯549人で、反対8割に達しています。住民の意思が表明されたのを無視するために、勤労世代が参加不可能な平日2日間という日程で山田町視察を強行しました。

 森市長は、未だ、富山市池多地区住民に説明責任を果たす必要最低限の努力すらしていません。住民が不安を訴えていることを充分知った上で「私が判断した」と独断で言われても、住民は全く納得出来ません。

 さらに、富山県が受け入れると言っていたがれきの形状が木屑から混合可燃物に変更されているのは納得出来ません。山田町では、本当にがれきが復興の妨げになっているのでしょうか。被災地では、がれきを使った緑の防潮堤や追悼祈念公園を造るという計画があり、「がれきを持ち出さないで」という声があります。高い運送費をかけて富山まで運び、焼却して放射能や有害物質を撒き散らす広域処理が「被災地支援になる」とはとても思えません。例えば被災地での灯油の配給や、安全な富山の農産物を送るなど、本当に今現地の人々の役に立つことにお金を使うべきです。



 また、「富山市一般廃棄物処理基本計画」においては、処理対象市町村は富山市・富山地区広域圏事務組合と書かれており、山本町内会と富山市の確認書にある「一般廃棄物」には、広域圏以外のゴミは含まれていません。確認書違反です。



 従って、以下の事項を強く要請します。

1、試験焼却の実施計画を破棄して下さい。「住民理解が得られるまで試験焼却は行わないと約束する」と表明すること。

2、最低限、池多(呉羽・富山)地区全域を網羅する説明会を開催すること。

3、「富山市山本最終処分場に関する協定書」「確認書」など、締結した内容を遵守すること。協議すらなく試験焼却を強行するようなことを行わないこと。



 

要請者     池多の自然環境・生活環境と池多の子どもの未来を守る親の会

                     (略称:池多の未来を守る会)


12月4日朝日新聞
12月4日朝日新聞 要請文提出



試験焼却表土採取

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

12/01のツイートまとめ

garekisosi

安心して暮らせる島田をつくる市民の会のブログ http://t.co/HIPXXuGH @ankurashimadaさんから
12-01 12:28

『無法行政都市・島田市を撃て(2) 「何やっても自分たちさえ良ければいいという世界がある。俺の世界は違う」瓦礫受け入れ反対 最終処分場・地権者インタビュー』 http://t.co/S73E4jPM @zamamiyagareiさんから
12-01 12:22

震災復興プロジェクトが富山でも立ち上がりました。 http://t.co/9qtliDCv
12-01 12:18

復興交付金、4回目は7148億円…過去最高(読売新聞) - Y!ニュース http://t.co/OMPzIjbh
12-01 11:25


Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

「災害廃棄物の広域処理試験焼却中止を求める」富山市長への要請文提出と記者会見のお知らせ

山本処分場のある池多地区の住民の方々の団体
池多の自然環境・生活環境と池多の子供の未来を守る会
(略称 池多の未来を守る会)
の方々が、試験焼却中止を求め、富山市長へ要請文を提出する
ことになりました。
提出後には記者会見も予定されています。
ご都合がよろしい方は、参加して下さい。
詳しくは下記を参照してください。(見にくいですが日時はわかります)

1203要望書

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

11/30のツイートまとめ

garekisosi

富山県試験焼却日程ニュースhttp://t.co/iNvH3O0C
11-30 21:53

11月30日(金)本日午後二時 田尻しげる県議が 県議会において震災がれきの広域処理について質問されます。傍聴行ける方は参加お願いします。 http://t.co/Q8gxttm8
11-30 10:04


プロフィール

富山がれき阻止

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2012
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。