富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

がれき「池多の未来を守る会」質問状提出

がれき「池多の未来を守る会」質問状提出
2013 年 02 月 08 日 16:34 現在
KNB NEWSより転載
http://www2.knb.ne.jp/news/20130208_35446.htm
 東日本大震災で発生したがれきの受け入れを巡って、富山市の最終処分場の周辺に住む住民が8日、富山市に公開質問状を提出しました。

 提出したのは、ごみの焼却灰の最終処分場がある富山市山本やその周辺の地区の住民でつくる「池多の未来を守る会」のメンバーと、農家など7人です。

 住民らは先月、森市長あてにがれきの本格受け入れをしないよう要請書を提出していて、これに対し、市側は8日、「今後開催予定の市民説明会などを踏まえ、本格受け入れについて検討が進められることになるものと考えている」などと回答しました。

 住民らはその場で、改めて広域処理は被災地の復興に役立つ税金の使い方なのかや、放射性セシウムの危険性を認識しているかなどとする公開質問状を提出しました。

 池多の未来を守る会、中山郁子代表「ほんとに住民無視ですね」「(影響が)分からないものははじめから持ってこないのが富山県民のためだと思います。健康被害が出てからでは遅いんです」

 住民らは富山市が17日に開催する市民説明会で、文書で質問状に回答するよう求めています。


がれき問題で住民グループが質問状 
2013年2月8日
BBT WEBより転載
http://www.bbt.co.jp/
富山地区広域圏が、近く、震災がれきの本格的な受け入れを最終判断するのを前に、受け入れに反対している富山市の住民グループが市に公開質問状を提出した。
質問状を提出したのは、富山市の山本最終処分場のある池多地区の住民グループで、8日、富山市の環境政策課を訪れ、先に提出した要請書について、回答を受けたあと、あらためて、試験焼却の際に、住民との合意が得られたとした根拠を示すことなどを求める公開質問状を提出した。
富山地区広域圏は、がれきの試験焼却で、基準を上回る数値は確認されなかったとして、今後、焼却施設がある立山町や富山市が今月中旬にそれぞれ、住民への説明会を開いたあと、本格的な受け入れを最終判断することにしている。
住民グループは、今後、がれき受け入れの差し止めを求める訴訟なども視野に、準備を進めるとしている。
スポンサーサイト

プロフィール

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。