富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

最終処分場周辺住民 富山広域圏へ再監査請求

富山市の山本池多地区最終処分場周辺住民の方々が富山広域圏へ住民監査請求を再度提出され
本焼却中止を求めました。

住民の方々は納得できる説明会さえ開かない富山市長からスラップ告訴をされ
右翼と思われる団体からは反対看板を幾度となく破壊されるという
厳しい状況の中、毅然と真っ向から対峙しておられ、その姿は本当に立派であると思います。

再監査請求の報道をいくつかご紹介いたします。

本焼却中止求める 富山広域圏へ再監査請求(チューリップテレビ)
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20130530174806
再監査請求13529
本焼却中止求める 富山広域圏へ再監査請求
(2013年05月30日 17時47分)

 本格受け入れのスケジュールが決まっていないを富山地区広域圏事務組合に対して、富山市の最終処分場の周辺住民らは、30日、一度却下された住民監査請求を再度行いました。

 富山地区広域圏に対して2度目の住民監査請求を行ったのは、がれきの焼却灰を受け入れる予定となっている富山市の山本最終処分場の周辺住民ら115人です。

 住民らは、今年3月に行った1回目の監査請求が、「請求の対象にならない」との理由で十分な審議がなされずに却下されたのは不服だとして、復興予算の目的外流用にあたるがれきの受け入れを中止するよう改めて求めています。

毎日新聞2013/5/312013531 縮小2毎日

北陸中日新聞2013/5/312013531 2北陸中日

北日本新聞2013/5/31
2013531 2北日本

しかし、誰がどう考えても住民側の意見が真っ当であり
対応姿勢も凛とされており見ていて行政側とのあまりの落差に唖然としますよね。

遠方まで運ぶ必要の無いガレキ処理による税金の無駄使い
被災者を餌に、国民からお金を搾り取り、騙し、対立させ
当の被災者の方々の復興は後回し

放射性物質の危険性は無いことにして心配する人たちには
まともな説明もせずに告訴で脅す。

挙句の果てには、実力的な破壊行為で脅す。
そして、自分は責任を取らなくてもよいようにしたい。
そういった人間、団体を応援する圧倒的多数の人々。
という状況です。

国を構成する最小の集団単位は家庭です。
家庭が沢山集まり国を構成していますので、家庭は国の、
あるいはその人の社会での振舞いの縮図であるということは
事実であると感じています。
家庭で、親が子供を金で操る、脅す、騙して自分の良い様に事を進める。
そして、自分の責任ではなく子ども自身が悪いように見せかける。
こういった、家庭の事情が今も現在進行形である、もしくはそういった家庭で育てられた
事が事実であることを語っている行動。
こういう人の側面こそ本来は社会全体として
見つめなければいけない大きな問題であると
私は思います。

















スポンサーサイト

プロフィール

富山がれき阻止

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。