富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: がれき全国

Comment (0)  Trackback (0)

がれきの広域化政策の責任追及と被災地の2次被爆を阻止!」

6月3日(月)院内集会参加の呼びかけ
「がれきの広域化政策の責任追及と被災地の2次被爆を阻止!」
―やらなければならないのは「被災者支援法」による被災者支援が急務―



◎民主党政権下、環境省主導で進めた広域震災廃棄物(放射性廃棄物瓦礫)の全国広域化がほぼ終息、政策自体が実質破たんした。各地の市町村が「手を挙げただけで補助金」を受け取れる巨額の復興資金(すべて国民の税金)の流用化は、環境省の広域化政策自体が抱えていた問題に起因する。

◎環境省が進めてきた広域化政策の作成過程やその内容を点検し、(大阪府堺市の事例では、驚愕の事実が市民の調査で判明)破たんの要因そして流用化と言う違法行為になぜ走ったのかに迫りながら、今密かに進められている東白川郡鮫川村青生野十日塚(さめがわむらあおのとおかつか)への指定廃棄物の焼却処理問題、バイオマス事業と言う名目で進められている塙町のバイオマス建設について言及して行きたい。



◎各地の市民住民の粘りづよい反対運動の成果により、全国広域化はほぼ中断させたとはいえ、被災地での汚染がれきの処理や、東日本全域での汚染廃棄物の危険な処理は、今も日々続いている。環境省が計画したこれらの政策に任せていては、再び環境中への汚染のばらまきとなり、未来を閉ざす廃棄物政策となる。これらについてどうすべきなのかをがれきの全国広域化を破たんさせた地平から考えたい。

◎さらに被災者を襲う2次被爆を止めさせ、「被災者支援法」による実効性のある被災者支援を、広域震災廃棄物(放射性廃棄物瓦礫)反対を行なったすべての人々は注視する必要がある。



日時: 6月3日(月) 場所:参議院会館(丸の内線「国会議事堂前」有楽町線「永田町」)
B-104会議室  参加費 500円   ※各地の資料配布持ち込み歓迎


開場: 12時30分 議員会館入り口 通行書配布
開演: 13時
15時:記者会見
16時:休憩
16時30分:各地の交流



<準備:拡大事務局スタッフ午前10時30分集合>


がれき問題の現状と各地の課題

1) 3・26政府交渉ネット事務局からの現状分析―3・26政府交渉ネット事務局-
<各地の受け入れ反対の継続する闘いと弾圧との闘いや訴訟> 報告
① 大阪     大阪市舞洲工場での本格受け入れ(2月1日)と反対活動への刑事弾圧
           大坂府堺市への環境省の復旧予算流用化
② 富山     最終処分場 池多の闘いと告訴と看板破壊攻撃
   高岡の本格受け入れ 4月26日と復旧予算流用化
③ 北九州市  民事訴訟の進行  北九州市への持ち込みへの疑問。
④ 静岡 島田市  市長への最終処分場地権者の訴え 桜井市長の落選
⑤ 他



2)指定廃棄物の焼却-東白川郡鮫川村青生野十日塚(さめがわむらあおのとおかつか)&バイオマス発電-東白川郡塙町(はなわまち)
※(予定)7月6日(土)「東白川郡地域一帯の二次被曝を許すな!」現地シンポジュームへの全国からの参加要請。

3)被災者支援法による実効性のある被災者支援を!

(発言者)国会議員、市民他



メディアコーディネーター 杉山義信

放射性廃棄物全国拡散阻止!
3・26政府交渉ネット
http://gareki326.jimdo.com/
スポンサーサイト

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (1)

富山地区広域圏 震災がれき受け入れ開始 今月18日に

富山地区広域圏 震災がれき受け入れ開始 今月18日に
(2013年06月03日 15時34分)
チューリップテレビhttp://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20130603153811

チューリップ18日受け入れ
 
富山地区広域圏の震災がれき受け入れ開始が今月18日に決まりました。

 「富山市、広域圏としてこういう具体的な協力ができることになったのはありがたいと思っている」(森富山市長)

 富山地区広域圏によりますと今月18日の午前に立山町にある焼却施設に震災がれきを搬入。

 県と広域圏の職員が安全を確認した上で早ければ18日の午後にも焼却を始めます。

 受け入れる震災がれきの量は、当初見込んでいた3000トンよりも900トン減っておよそ2100トン。

 今年11月上旬まで1日あたりおよそ15トンの震災がれきを一般廃棄物と混ぜて焼却処理し、焼却したあとの灰は、富山市山本地区にある市の最終処分場に埋め立てられます。

 富山地区広域圏の震災がれきの受け入れをめぐっては、試験焼却した際に抗議した最終処分場の周辺住民らは依然、受け入れに反対する姿勢を示していて、先週末にも一度却下された住民監査請求を再度行っています。

 「いろんなご意見がある中ですから、ご意見、誤解がないように自然界に依存する数値と変わらないものを処理するわけで、心配要りませんよということをちゃんと説明していく」(森富山市長)

がれき、富山地区広域圏18日から受け入れ
KNBニュースhttp://www2.knb.ne.jp/news/20130603_36724.htm
63森受け入れkNB

東日本大震災で発生したがれきについて、富山市などで作る富山地区広域圏事務組合は今月18日から本格的に受け入れることを決めました。

 富山地区広域圏事務組合によりますと、震災がれきの本格受け入れは今月18日から今年11月上旬までで岩手県山田町からおよそ2100トンを受け入れます。

 1日におよそ15トンを立山町の焼却施設で一般廃棄物と混ぜて焼却し、富山市山本の最終処分場に埋め立てます。

 本格受け入れを決めたことについて、富山地区広域圏事務組合の理事長をつとめる富山市の森市長は3日の定例会見で、「ご意見はいろいろありますが放射線は自然界にある数値と変わりませんから心配はいりませんよという説明を続けていきたい」と述べました。

 震災がれきの本格受け入れは、県内では高岡市が今年4月から、新川広域圏事務組合が先月末から始めています。 

転載終わり
今さら、自然放射線と同じレベルといった程度の言い訳には付き合いたくありませんが
人工放射能との違いを知らない方は、こちらのリンク先をご覧下さい↓
「市川定夫氏「放射能はいらない」(動画)ざまあみやがれブログより」
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65745186.html

また、ガレキ広域処理の富山における問題は市長が言われる
「自然放射線と同じだから安全」という問題だけではありません。

●まともに説明会すら開かない、もしくは開く余裕すらない市長の態度
●わが子を守りたい、ただそれだけで話し合いを懇願した市民を不当に告訴した市長の社会的問題
●現地で処理すれば2日間ほどで終わるがれき処理を何故多額の税金を使い富山市まで運ぶ必要があるのか
 (すでにがれきは市街地には無く、処理も進み復興の妨げにはなっていない)
●放射能の危険性について
 例えば、内部被爆や今回のがれきに含まれる放射能の総量について、
 何年先まで山本処分場を管理する予定であるのか?など全て納得のいく解答はされていない

などですが
一番の問題はこういった対応が自然と生まれてしまう個人の家庭的な背景もしくは
経験でしょう。
自分だけではもう治しようが無いぐらいに劣化しているのではないかと思います。







プロフィール

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。