富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

山本地区瓦礫受け入れ反対看板を追加増設

12月16日(日)試験焼却が行われる中
最終処分場のある、山本地区では反対派有志の方々によって
「がれき受け入れ反対」の意志を示す盾看板が増設されました。
CA390033.jpg
CA390031.jpg


地元で受け入れを反対しておられる「池多の未来を守る会」では
今後も看板の増設を予定しており、皆様のから応援のカンパを
呼びかけられております。
どうかよろしくお願いいたします。

以下「池多の未来を守る会」より転載

富山市の震災汚染がれき反対の皆さまへ

山本地区に立てる看板カンパのお願い

     「池多の自然環境・生活環境と池多の子どもの未来を守る親の会」

(略称:「池多の未来を守る会」)



 私たち池多・山本のほとんどの住民は、放射性物質・有害物質汚染がれきの焼却・埋め立てに反対しています。

 しかし、富山県と市は、圧倒的 署名を無視し、「がれき試験焼却を行う」と発表しました。山本と富山市とで結ばれた確認書で、搬入廃棄物は「一般廃棄物」となっており、富山地区広域圏事 務組合以外の廃棄物は含まれていません。しかし、先日の要請書提出の際、富山市はどこのゴミであろうが、「(立山町の)クリーンセンターで灰になったもの は、富山市のゴミになるので、山本に埋めるのに何の問題もない!」という解釈を示しました。

 

 こんな無茶苦茶な横暴を、私達が一度でも許したら、際限がありません。

 これを一旦受け入れてしまった ら、今後必ず低レベル放射性廃棄物を受けざるを得なくなってしまうのではないでしようか。福島原発では、作業に伴う膨大な「低レベル放射性廃棄物」(作業 員の汚染された手袋・衣類・作業ゴミ全て)が発生しています。現在六ヶ所村は満杯状態で、その受け入れを巡っては、すでに全国各地で問題になっています。 今後も、全国54の原発が次々に廃炉になることを考えると、今、がれきを受け入れたところに押し付けられるのは必至です。



 これは池多だけの問題ではありません。富山県全体の水も空気も汚染されます。池多の鍛冶川から新堀川へ、射水市から富山湾へ汚染水が流れ、富山湾の魚介類も汚染されます。富山の未来がかかっています。富山すべての人の健康と安全な環境を守りきれるか大事な局面です。

 どうか皆様、他人事ではなく、自分の為に家族の為に、反対の声を上げてください。



 「池多の未来を守る会」は頑張ります。

 私たちの意志を示すため、「頑丈な看板」を多数作りたいと思います。看板を立てる土地提供者が何人もいます。池多だけでは人口も少ないので、是非とも富山のみなさんにカンパのご協力をお願いいたします。

 ガレキ反対の声を形にしましょう。



<振込先>

 ゆうちょ銀行 記号13270 番号 10214601 中山郁子

Comments






プロフィール

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。