富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

「池多の未来を守る会」(略称)へカンパを支援いただきありがとうございます。

先日12月18日に行われた、山本最終処分場でのがれき搬入トラック阻止行動
の様子を聞きつけられた方々から「池多の未来を守る会」へたくさんのカンパが
寄せられました。
カンパ支援された皆様本当にありがとうございます。
今後、未来を守る会の方々は立て看板の数を増やされる考えで
大変喜んでおられました。


当日は、朝9時ごろから焼却灰を載せた大型トラック2台と
先導する市の乗用車1台を約十時間に渡って、搬入を阻止しました。
途中、雨やあられ、雪が降り続ける、住民の倍以上の警備員や
市役所職員にスクラムを囲まれあわやトラックが通り抜けそうになる
場面も何度かあり、本当にぎりぎりの攻防が続きました。

「到着したトラック」
totakkutouchaku.jpg
日も沈んだ頃、涙を流しながら
「我が子を守りたいのです、どうか今日は帰ってください。」
「納得のいく説明会を開いてください。」
「お願いします。」
とお母さん方は深く頭を下げて市の責任者へお願いされましたが
市側も一歩も引かず「安全なものです。通してください。」
という言葉を返すのみでした。

「道交法違反の一度目の警告」
keikoku1.jpg

しかし、朝から参加しておられた社民党県議会議員田尻しげる氏が
された質問で
青森県六ヶ所村にある低レベル放射性廃棄物埋設センターでは、埋設後300年間管理することになっている。
、市では、いったい何年山本処分場を管理するつもりなのですか?」
との質問に市の責任者は
六ヶ所村には高レベルのものだけのはずです。この先の管理についてはまだ何も決まってはいません。
といった、答えでした。
それでは、安全と言えないといったこちらの質問には
「クリアランスレベル100bq/kg以下なので、大丈夫です。」
という答えでしたが、六ヶ所では100bq/kg以下もドラム缶に入れられ
低レベル放射性廃棄物埋設センターで管理されています。
泉田裕彦新潟県知事の言われるように「原子力発電所の外の方が放射能管理が緩くなる」といった
誰の目に見ても安全とは納得できない事が今富山県で行われているのです。

【日本原燃HP 低レベル放射性物質 埋設後の段階管理】

「市の責任者に対して猛烈に抗議する田尻しげる議員(ほぼ論破し市側が沈黙する場面が多かった)」
tajirisigeru.jpg


最終的には、現場での市の責任者が市側から警察へ通報するように指示を受け
駆けつけていた警官から「威力業務妨害で逮捕する」という警告が出され
警官数名の手によって住民の方々は道の両側へと押しやられました。

「威力業務妨害を警告する警察」
iryokugyoumu.jpg

「警察によってあけられた道をトラックが通る」
ametoraku.jpg



池多・山本地区では9月10日に行われた山本地区での住民説明会の後
住民の8割が反対である署名を富山市へ提出しています。
その後、山田町へ視察に行った山本住民の間では賛成が6割とあったにもかかわらず
後日行われた、役員会では賛成と反対に意見が割れ町内会代表3名は富山市へ受け入れるとは答えず
賛成、反対どちらの意見もあり「判断できない」と答えました。

【チューリップテレビがれき視察後 参加者の6割「受け入れに賛成」(2012年11月13日 20時05分)】
それを受け独断で試験焼却に踏み切った森市長
しかし、岩手県と富山県が結んだ覚書には
第2条に 廃棄物処分施設を有する市町村及び一部事務組合並びに廃棄物処理施設の周辺住民の理解 を得たうえで行われるものとする。
とあります。
【平成24年4月9日 災害廃棄物の基本的枠組みに関する覚書 PDF】

●住民8割の反対署名
●反対、賛成の意見に別れ判断できないと答えた町内会
●十時間あまりに及ぶ、住民の体を張ったトラック阻止行動
「池多の未来を守る会」は闇雲にトラックを阻止したのではなく
「納得のいく説明会を開いてもらいたい」と当然の主張を通しただけです。
結果的には、警察の「逮捕するぞ」という言葉の力で住民に道をあけさせた富山市ですが
これでは、覚書にある住民の理解を得たうえ行うとする覚書の第2条に違反する行為です。


「阻止行動の翌日に報道された富山県知事石井隆一のコメント」
石井圧倒的多数の県民安心

「理解」という言葉を辞書で引くところから議論をしなければならないのでしょうか。


















Comments






プロフィール

富山がれき阻止

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。