富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 富山広域圏事務組合が市民を告訴

Comment (1)  Trackback (0)

3.3富山ガレキ阻止大会の報告

3・3富山ガレキ阻止大会は短い準備期間にもかかわらず200名近い
来場者があり、たいへん有意義な集会となりました。
今回呼びかけをされた、木下黄太さんはじめ山本太郎さん、青木泰さん、下地真樹さん
と豪華なメンバーがここへ集われ、それぞれにガレキに関すること
告訴に関することを発言され、池多地区の方々だけではなく富山で活動なさっている人に
とっては次につなぐ活力となったのではないでしょうか。
また、午後からは被災地岩手で住民監査請求を提出された方や静岡で運動をされている方
の現地での情況報告や、会場の質問者からは関東方面、関西方面から来られた方々の発言
もあり、全国規模での集会となりました。

また、当日会場で連署してもらいました池多住民の方を中心とした
住民監査請求も無事翌日に県と市へ提出できた様子です。
同日、岩手からやってこられた中山一絵さんも富山地区広域圏の理事長:森雅志へ告訴取りやめを訴える
要望書を提出されました。

<この間の報道関係>
中日WEB
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2013030402100006.html
富山震災がれき 対住民告訴に抗議
2013年3月4日
PK2013030402100070_size0.jpg
(写真:集会で組合による告訴に憤る出席者ら=3日、富山市湊入船町で)
市民ら集会 中止要請へ 「広域処理は不要」
震災がれきの試験焼却で出た灰の搬入を妨害したとして富山地区広域圏事務組合(富山市など五市町村)
が住民を告訴した問題で、ジャーナリストや住民ら百八十人が三日、富山市内で抗議集会を開いた。
住民側は四日、岩手県との間でがれき処理の契約を結ぶ富山県と、地元の富山市に対し、
広域処理の中止を求める住民監査請求をする。

フリージャーナリストの木下黄太さんや、俳優の山本太郎さんらが出席。
木下さんは「現場の警察官が現行犯逮捕をしていない。告訴権の乱用だ」と語気を強め、
山本さんは「告訴は精神的な打撃が大きい」と訴えた。

告訴された可能性がある住民グループ代表の中山郁子さん(44)は
「最終処分場のある富山市の池多地区全体への説明を求めただけ。告訴されるようなことはしていない」
と話した。
集会には、昨年十二月に大阪市内の駅でがれきの受け入れに反対するビラをまいた際に
威力業務妨害容疑で逮捕された阪南大の下地真樹准教授も出席。
「広域処理の安全性や必要性に根拠がない。告訴は反対運動を萎縮(いしゅく)させるためだ」と主張した。

住民監査請求では、被災地でがれきの処理が進んだため、広域処理の必要はなく、
復興資金の無駄遣いになるなどと訴える方針。

この問題では、組合が昨年十二月、富山県立山町の焼却施設で岩手県山田町のがれき二十五トンを試験焼却。
同月十八日に灰を積んだトラックが最終処分場に向かった際、
住民十数人が道を約十時間ふさいで搬入を止めた。
複数の警察官が出動し「これ以上やると威力業務妨害になる」と警告。
最終的に住民が道を空け、トラックは処分場に入った。

組合は二月七日、住民の行為が威力業務妨害にあたるとして十数人を県警に告訴した。

北陸中日新聞
130306 北陸中日新聞 (3月4日) 富山がれき粉砕集会全国交流会006_01

毎日新聞
130306 毎日新聞 (3月4日) 富山がれき粉砕集会全国交流会004_01

チューリップテレビ
がれき反対派の住民グループが富山で集会(2013年03月03日 11時45分)
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20130303121523
焼却灰の搬入を阻止しようとして先月、刑事告訴された住民たちが3日富山市内で集会を開き、
刑事告訴された住民への支援を呼びかけました。

 富山市内で開かれた集会には、県内でガレキの受け入れに反対する市民などおよそ200人が参加しました。
集会では「本来、住民を守るべき行政が反対の行動に出ている。
富山だけの問題ではないことに気付くきっかけにしたい」と支援を呼びかけました。

 住民の一部は先月、焼却灰の最終処分場への搬入を阻止しようとしたとして
富山地区広域圏事務組合から威力業務妨害の疑いで刑事告訴されていて、
今後も行政に対して話し合いを要求していくと話しています。




Comments

富山ガレキ問題についての取材
ジャーナリストの増山です。富山のガレキ問題での行政が行ったスラップ訴訟について取材しています。もし出来ましたら訴えられたご本人の方か、周辺で活動を共にされている方々に取材をさせていただきたいのですが、ご紹介いただけませんか?3/16.17のお昼11−3時ぐらいまでの間に富山に行きます。[紙の爆弾]という雑誌の取材です。
080-6687-4118






プロフィール

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。