富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

澤崎市長、「もし、風評被害が出たときには私の責任において対処する」


チューリップテレビニュース
新川地区広域圏事務組合 震災がれき説明会はじまる
(2013年03月14日 11時01分)
http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20130314110226
新川広域圏説明会

震災がれきの受け入れにむけて新川広域圏事務組合は、13日夜、最終処分場のある魚津市の上中島地区で、試験焼却の結果などを報告する住民説明会を開きました。

 住民説明会には、魚津市上中島地区の住民およそ40人が参加し、事務組合から試験焼却の前後で空間放射線量などに大きな変化がなかったことなどが報告されました。

 そして、理事長の澤崎魚津市長が「被災地の復興を助けるため震災がれきの受け入れを理解していただきたい」と述べました。

 住民からは、「安全な測定数値が示されても10年、20年先の不安をぬぐうことはできない。地区との公害防止協定を結んでほしい」といった意見が出されました。

 これに対して、澤崎市長は、がれきの受け入れは魚津市全体の話なので、地区との協定締結は難しいとしながらも「もし、風評被害が出たときには私の責任において対処する」と答えました。

 住民説明会は、今月26日まで4つの市と町で6回開催されます。

KNBNEWS
新川広域圏、がれき焼却の住民説明会 2013 年 03 月 14 日 11:23 現在
http://www2.knb.ne.jp/news/20130314_35839.htm
新川広域圏KNB

新川広域圏事務組合は、東日本大震災で発生したがれきの試験焼却の結果について13日夜、1回目の住民説明会を最終処分場がある魚津市で開きました。

 この説明会は新川広域圏事務組合が今年1月に実施した震災がれきの試験焼却の環境への影響について説明するために開きました。

 1回目の13日夜は焼却灰を埋め立てる最終処分場がある魚津市の上中島地区で開かれ、住民39人が参加しました。

 説明会では、空間放射線量や地下水などの放射能濃度に異常は無かったと報告されましたが出席した住民からは将来的にどのような影響が出るか不安だという声もあがりました。

 新川広域圏の住民説明会は今月26日までに2市2町で合わせて7回開かれ、それを踏まえてがれきの本格受け入れを判断します。


Comments






プロフィール

富山がれき阻止

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。