富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

富山県試験焼却日程ニュース(チューリップテレビより転載)

震災がれき 来月15日から17日に試験焼却
(2012年11月30日 19時05分)
http://http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121130190639

 震災がれきの広域処理問題で富山地区広域圏と高岡市は、来月15日から17日にかけて岩手県山田町の震災がれきを試験焼却すると発表しました。

 これは、県と富山地区広域圏、高岡市がそれぞれ発表したもので、試験焼却されるがれきの量はあわせて32トンになります。

 富山地区広域圏での試験焼却は来月16日午前10時から翌日17日の午後4時までのおよそ30時間かけて実施されます。

 富山地区広域圏が試験焼却のために受け入れるがれきの量はおよそ25トンで、これは、焼却施設で1日に処理している量の5パーセント程度に相当するということです。

 実施する際は、搬入から処理まで一連の過程でがれきの空間線量や放射能濃度を測定。

 富山地区広域圏では実施する前と後に焼却施設周辺の小学校や公民館など12か所で土壌の放射能濃度の測定を1度行い結果はホームページなどで公開するとしています。

 また、試験焼却で発生した焼却灰は、放射性廃棄物として扱う必要のない『クリアランスレベル』、放射能濃度1キロあたり100ベクレル以下とする基準であることを確認した上で富山市山本地区にある最終処分場に搬出されます。

 富山地区広域圏では、この試験焼却の結果を踏まえ年明けにも富山市民を対象にした住民説明会を開き、本格的な受け入れを検討したいとしています。

 また、高岡市での試験焼却は来月15日でおよそ7トンの震災がれきが試験焼却される予定です。

 震災がれきの搬入については、岩手県から富山県までJR貨物で運びトラックに積み替えて立山町末三賀と高岡市長慶寺にある焼却施設に運ばれる予定ですが、日程については調整中だということです。


新川広域圏 来月5日に最終判断
(2012年11月30日 19時03分)
http://http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20121130190525
新川広域圏は、住民の理解を得られていないとして試験焼却の実施決定に至っていませんが、事務組合理事長の澤崎魚津市長は30日、来月5日に試験焼却の実施を決定したいとの意向を明らかにしました。

 「我々新川広域圏でも、出来れば県内3つの施設が同時に、県民の理解をいただきながら、試験焼却を同時期に出来ればというようなことを思っているので」(澤崎魚津市長)

 沢崎市長は、30日の定例会見でこのように述べ、改めて、年内に震災がれきの試験焼却を実施したいとの意向を示しました。

 魚津市から東の4市町で構成する新川広域圏では、震災がれきの試験焼却実施に向けて住民説明会を開くなどしてきましたが、焼却施設のある朝日町三枚橋地区の住民が受け入れに反対の意向を示しているため、未だ決定には至っていません。

 「11月末までには最終態度を決めて県内の他との足並みをあわせていこうと申し合わせしておりますので、そういった意味では大変残念なわけですが、それでも地元の人たちにわかったという了解を得ながらやるのが筋だという思いでやっているわけでありまして」(澤崎魚津市長)

 朝日町の脇町長は、再度、三枚橋地区の住民に説明して理解を得たい考えで、新川広域圏では、それを受けて、理事会が開催される来月5日に、試験焼却実施の最終決定を行いたいとしています。

Comments






プロフィール

富山がれき阻止

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。