富山がれき阻止

富山県 がれき受け入れを阻止するため立ち上げたブログ 不当告訴に断固反対! (※2017年1月 ブログ停止)

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 富山県がれき関連

Comment (0)  Trackback (0)

新川広域圏 震災がれき焼却灰を埋め立て

新川広域圏 震災がれき焼却灰を埋め立て
(2013年06月03日 19時04分)
チューリップテレビhttp://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20130603190525
新川埋め立てチューリップ
 がれき受け入れを表明した中で唯一、時期が決まっていなかった富山地区広域圏の受け入れ開始が今月18日に決まりました。

 一方、先月30日からがれきの本格受け入れが始まった新川広域圏では、3日午前、焼却後の灰の埋め立てが魚津市の最終処分場で行われました。

 3日は、がれきの焼却灰がトラックで魚津市内の最終処分場に運び込まれるようすがマスコミに公開されました。

 最終処分場に埋め立てられる灰の量は、午前と午後の分あわせておよそ13・2トン。

 これは、先月31日に震災がれきおよそ8・5トンを一般ゴミにまぜて16時間かけて焼却したものです。

 新川広域圏事務組合では、この灰のサンプルを業者に送って測定を実施。

 その結果、放射能濃度は1キロあたり22ベクレルと国が放射性廃棄物として扱う必要がないとする1キロあたり100ベクレルを下回ったことから埋め立てが決まりました。

 3日は、地元の住民4人も灰の搬入に立ち会いました。

 また、新川広域圏事務組合の職員が埋め立て場所や敷地内の7か所で空間放射線量を測定。

 魚津市役所で測定した空間放射線量0・07マイクロシーベルトとほとんど変わらないことが確認されたということです。

Comments






プロフィール

Author:富山がれき阻止

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。